畑漆器店について / About HATA

1930年、初代 畑 卯之松が手塗り職人として独立。
その後、二代目と共に漆器全般を扱う畑漆器店を創業しました。
石川県加賀市に伝わる山中漆器は450年もの間培われた
木工轆轤(ろくろ)挽きの技術を基に製造されています。
畑漆器店では現在も、この技法を用いて
「col.」と「卯之松堂」のふたつのブランドを展開しています。
畑漆器店の器が日々目指しているのは、「暮らしの道具」です。
良質の素材、美しく機能的なデザイン
そして扱いやすく丈夫であること
シンプルながらも大切な事を問い続けて
これからも商品づくりに励んでいきたいと考えています。

沿革 / History

1930年
初代 卯之松が手塗り職人として独立
1963年
漆器全般を扱う商人として畑漆器店を設立
1966年
本拠地を現住所に移転
1986年
有限会社畑漆器店へ組織変更
1999年
卯之松堂ブランドとして商品開発を開始
2002年
シェルボールシリーズが日本クラフト展入選
2003年
シェルボールシリーズがデーブルウェア・フェスティバル
最優秀賞受賞・東京都知事賞受賞
2004年
シェルボールシリーズがグッドデザイン賞受賞
2009年
挽割りカトラリーシリーズが石川ブランドに認定
2011年
col.ブランドとして商品開発を開始
2015年
畑 学が代表取締役社長に就任
2016年
col.ブランドがGOOD DESIGN AWARDを受賞